社会人の効果的な資格取得法、お教えします!

ビジネスに必須な資格を仕事の合間を縫って取得する方法

>

スキマ時間を制する者が資格取得を制する

スキマ時間はどこに潜んでいる?

皆さんはスキマ時間をどう活用していますか?もしスキマ時間をスキマ時間のままにしているならば、非常にもったいないことです!しかもこのスキマ時間は、いろんなところに潜んでいます。

まず平日なら、通勤時間。休憩時間。休日なら、移動時間。平日や休日共通で、トイレタイム。食事を作っている時間。掃除の時間。入浴タイム。睡眠前。

ありとあらゆるところにスキマ時間は潜んでいます。つまりそれをスキマ時間と気付いて活用できるかどうかが、スキマ時間活用法の大きな鍵になります!

中でも特に活用できるスキマ時間は、休憩時間と通勤時間でしょう。会社の休憩時間はたいていの方の場合、1時間というまとまった時間。ご飯を10分で食べたとすると、平日は50分も学習時間を取れるということになるのです。

スキマ時間は合わせると結構な時間に!?

「じゃあ短い時間は無駄に過ごしても問題ないんじゃ?」なんて言っている方はいませんか?その短い時間の積み重ねが、大きな時間になります!

例えば湯船に10分つかるとすると、6日で1時間、一カ月だと5時間。5時間は一日の約5分の1の時間です。これを5カ月続ければ、丸一日に相当します。これって凄くないですか!?

また同じく10分弱だけど集中できると考えられるのは、トイレタイム。また食事を作りながら、もしくは掃除をしながらの聞き流しも意外と時間がしっかりとれます。

特に調理中の待ち時間は結構ちゃんと時間が確保できるので、より頭に残るのではないでしょうか。ただ短い時間を利用する場合は特に、しっかり予定を立てておいた方が効率的だと思います。

そのために例えば休日は一週間分のスキマ時間利用計画を立てたうえでスケジュール帳に記入。計画通りに進めることができたかどうかを確認するとより良いでしょう。